キッザニア甲子園 すし屋体験記

■すし屋

すし屋ではすし職人となってにぎりずしや軍艦巻きをつくります。キッザイニア甲子園の中でも1、2を争う人気パビリオンです。休日はだいたい2時間待ちを覚悟しないといけません。はじめてキッザニア甲子園を訪れる方はあえて避けた方が良いかもしれません。

まずは着替えて、手を洗います。その後、材料や握り方の説明を受けます。

手を濡らし、シャリを握る準備をします。

左手にネタを持ち、右手でシャリを持ちます。シャリは握ったものが用意されています。


ネタとシャリを合わせて軽く握ります。


次は軍艦巻きです。シャリに海苔を巻き・・・


ネタを乗せ出来上がりです。


エビ、たまご、ツナ、イクラを握ったら、出来上がりです。お客さんにすしを出して(マネだけ)終了です。


握ったすしはスーパーバイザーがパックに詰めてくれます。持ち帰って食べることができます。

 パビリオン体験記へ戻る